未経験歓迎!養成講座なしで始めれるコピーライター

コピーライターを目指す方が気にしている養成講座の知識は全く0でも始める事のできるお仕事紹介 - 商品と会社

商品と会社

コピーライターのお仕事
コピーライターという物は、どの様な仕事をしているのか気に成る人も多いかと思います。私の想像では大体が、コピーライターという事ですので、やはりキャッチコピー等を考える事が主なお仕事に成ってくるかと思います。毎日どの様な言葉がその商品にふさわしいか、その商品を寄り生かせるかという事を考える事がお仕事、と言ってもいいのではないでしょうか。しかし、本当にコピーライターの仕事という物はそれだけなのでしょうか、やはり実際にはやってみないと解らないというお仕事の内容もあるのではないかと思います。
コピーライターの仕事内容ですが、私がもしやることに成った場合にはどうなるかという事を考えてみます。まず、やはり日々する事となると、コピーライターとしてよりその文章力を構築するために色々な本を読んだり思考したりとその文章を作るためのセンスを磨くかと思います。読書に寄って扱える言葉を増やしたり、又既に先人が残したキャッチコピーを研究したり、等日々研究していざという時に動けるようにしておく、というのも一つの大切な要素かと思います。
そしてコピーライターとはそのキャッチコピーを付けるさいにはその商品という物がメインになってきますよね、その商品を如何にして魅せるかという事が重要になってくるかと思うのですが、その場合にはやはりその商品について知っておかないことにはよい言葉は中々浮かんでこないでしょう。つまりはその商品について知る事という物もコピーライターの大切な仕事の内という事になるかとおもいます。
以上の事に寄りコピーライターという物は言葉を考えるセンスが有ればよいというわけではなさそうです。あくまでもその商品をどの様に生かすか、そのための商品の知識やその会社のイメージ等色々と総合的に商品の魅力を知り、そして短文でその商品を生かすというお仕事かと思います。
コピーライターとしては会社との打ち合わせという物も大切に成ってきます。どれだけその商品、会社の事を知り、ふさわしい言葉をつけられるか、そのためには色々な要素があるかと思いますので、コピーライターという仕事は一言では中々表せない難しい面もあるのかもしれません。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »