未経験歓迎!養成講座なしで始めれるコピーライター

コピーライターを目指す方が気にしている養成講座の知識は全く0でも始める事のできるお仕事紹介 - 英語のスキルが必要

英語のスキルが必要

コピーライターと英語の関係
コピーライターという職業には英語のスキルが必要なのかと少し気に成ります。特に最近では社内の公用語を英語に統一する会社もありますし、英語スキルという物が次第に重要になってきている様に思うからです。そして特にコピーライターという職業は言葉を使う職業ですし、英語も使えないといけないかと思ったのです。横文字という物は見た目にも多少格好よく映る時もありますし、唄でも良く英語が使われたりしていますよね。ですので多少は扱えた方がよいのかもしれません。
コピーライターという仕事ですが、その中で英語を使っていくとしても注意するべき事はいくつか出て来るかと思います。やはり、キャッチコピー自体短く簡潔な物ですし、どれだけその少ない文字数でそれを表現するかという点においては日本語と変わりはありませんよね。勉強が足らずに英語を間違って使ってしまった場合も考えてコピーライターとしても気を付ける点が多くあるかと思います。
私の実体験としてやはり英語の意味合いをちょっと間違ってしまったり等もありますし、人が微妙なニュアンスを使っている現場も目撃する時もあります。日本語を安直に訳してしまうと外国の人から見た時に違和感のある表現になる事もありますので注意したいものですね。
コピーライターというものとしてまず最初にどれだけ目に留まるか、記憶にとどまるかの印象が大切で細かい印象や正確さという物は余り重要視されないかもしれません。しかし、やはりせっかく作った文章は正しく万人に理解されてこそ、と思いますので、英語を使う時には色々な視点から検証していった方が良いでしょう。英語を間違えずに正しく、そして印象的に作るという物がコピーライターの仕事ではないでしょうか。
その為にもコピーライターは英語のスキルを多少なりとも持っていた方が良いかと思います。学校で習った英語だけでなく、ある程度の専門的な言葉等を勉強しておくと、表現の幅が広がる物と思います。

次の記事: を読む »